人的分割とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

人的分割

コンテンツ

M&Aにおける人的分割、これは会社分割の方法を株式割り当て先が違うことによって分けることを意味しています。分割した事業を行う会社の株式を新しく、分割元の会社の株主に割り当てるという方法を人的分割といいます。

これは分割型分割と呼ぶこともあります。分割元の株主は二つの会社の株を保有する形となります。会社法においては、人的分割は物的分割と余剰金の配当に分けられてこの分割をする際は分割手続き以外に余剰金配当手続きも必要になります。

余剰金配当手続きに必要な株主総会決議と新設分割計画を承認するための株主総会決議は別々に行われます。物的分割と余剰金の配当と考えたとき、1つの株主総会で同時に決定することは法律の上では、特に禁止はされていません。

お役立ち情報

M&Aにおける人的分割は営業を続ける会社が発行する株式を分割する会社の株主に割り当てますが、これをすることによって営業譲渡の効果があり、そして直接株主が受け取ることができるのです。

それに対しての物的分割ですが、これは会社分割をする際に営業を受け継ぐ会社が発行する株式を会社に割り当てることを言いますが、物的分割は営業の現物出資によって行われていた手続きをさらに効率よくさせるために行われています。

営業譲渡をする場合は、譲受会社から譲渡会社に営業資産の対価が支払われるので譲渡会社は利益が出ますが、会社分割では承継会社から新しい株の発行によってそれに伴う資金構成の変動により資産の移転が実施されるので譲渡された会社に利益は出ないのです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る