自己株式とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

自己株式

コンテンツ

自己株式とは株式会社が所有する自己の株式をいいます。
自己株式を所有する利点としては以下のようなものがあります。
自己株式の所有比率が多ければ、会社売却するときに、買収先から資金が入ることで財務の健全化が図れます。
また、M&Aで企業を買収する際に、現金ではなく、株式交換による買収があります。例えば、A社の時価総額が100億円、B社の時価総額が5億円とします。A社は自己株式を発行済み株式数の10%所有しているとします。10%は時価総額の1割ですので、価値としては10億円になります。その半分である5%でB社の時価総額と同等になるため、A社はA社株5%分をB社に譲渡し、B社はB社株すべてをA社に譲渡することで、A社はB社の完全子会社となります。

お役立ち情報

自己株式は経営者にとって会社売却やM&Aの場合にうまく利用することができますが、株主の視点からみると、良い点ばかりではありません。
良い点としましては自己株式を増やすために自社株買いを行い、株価の上昇を促すことがあります。
また、その会社の株価が上がると、自己株式の価値も上がることになりますので、企業の資産が増えることになります。
株価は企業の資産が増えれば、必ずしも市場の価格と一致しませんが適正価格も上がりますので、株価上昇に勢いがつく可能性があります。
それとは逆に、株価が下落すると、自己株式の価値も下がることになりますので、企業の資産が減少することになります。
それによって、株価下落に勢いがつく可能性があります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る