時価評価とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

時価評価

コンテンツ

M&A(会社売却)の時価評価とは、時価純資産価額法のことです。中小企業のM&A評価では一番多く利用されている方法でもあります。その理由としては、会社の資産をそれぞれに時価で見てその評価を蓄積させてその中から負債総額を差し引き計算しますので、ほかの方法と比べると客観性に優れていますし、確実性にも優れていることで導入されています。そして理解しやすいのもメリットです。

時価評価のポイントとしては、現金預金があったとしても再評価が必要ですし、売り上げ債権、貸付金の回収可能性は考慮している、棚卸資産はデットストックの減価を実施する、仮払金は内容を考慮し資産性を判断、土地は時価に修正など考慮して判断することになります。

お役立ち情報

M&A(会社売却)負債の時価評価は、借りたお金を返済しなくてもよくなった、商品代金を支払わなくてよくなったというケースはほとんどないので帳簿価格を時価評価に修正することはないでしょう。帳簿に掲載されていないことが多い社員全員が退職した退職金、賞与引き当て金額などは、時価評価した時価総資産から時価総負債を差し引いた金額、これが時価純資産になります。

営業権は、評価方法の1つの年買法という計算方法があります。これはこれまでの3年の平均利益を計算して、そのうちの何年過分を営業評権価額にして計算をする場合です。この場合は時価評価額は時価純資産額と営業権を足したものとなります。一般的に何年分を選ぶのかは臨機応変に対応することとなり3年から5年が多いでしょう。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る