事業価値とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

事業価値

コンテンツ

事業価値は別名で企業価値とも呼ばれるもので、企業が持つ事業の価値を金額で表したものをさします。
金額という決まったパラメータで表すため、把握しやすくはなっています。
しかし、企業の行なう事業の価値を金額で表すことは、わかりやすい基準であるとみなされることもありますが、実際には事業実態を吟味して評価を行なう必要があるため、万能ではないといえます。
また、評価する企業経営の特徴を十分理解して比較することも困難であるので、その点でも問題がある評価基準であるともいえます。
しかし、企業の価値を計る基準としては、十分に利用出来るものであるため、会社売却やM&Aを実施する際にもこの基準は効力を発揮するといえます。

お役立ち情報

事業価値はその企業の価値をある程度把握するのには役立ちますが、確かな評価であるというわけではありませんのであくまで目安とすることが必要となります。
しかし、事業価値の評価も軽く見てよいものではありません。
金額で表す具体的な評価であるため、企業間の比較という意味では非常にわかりやすいものです。
そのような評価は、株式などの企業に対する期待が表れる取引に影響を与えます。
事業価値でも大まかな勢力は見て取れるので、複数の企業を比較するといったときには効果を発揮します。
会社売却の際にも、企業の価値を決定する手段として使用されるでしょうし、M&Aなどでの合併の際にも、判断基準として利用されることもあるかも知れません。
企業を経営するときには、そのような要素も考える必要があるといえるでしょう。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る