善管注意義務とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

善管注意義務

コンテンツ

M&Aにおける善管注意義務ですが、民法項目でも記述されている善良なる管理者の注意義務として、さまざまなシチュエーションでこの文言に対しての注意事項がついて回ることになります。
上記民法にて定義されている特定物として計上されている中古車や美術品全般、そして物の個性に着目して取引となる内容については同一扱いによる認識としており、引渡しとしての義務保有者自体はその取引として展開している引渡し案件を完了させる為に管理者が対応しなければならない注意義務を遵守することが必須となります。
上記で定義されている管理者の注意義務についてですが、債務者が現在担当となっている職業であったり社会的な経済的地位を反映させる形でてんかいしておりますので、取引上で要求となる場合の注意自体を指しております。
該当者が善管注意義務を怠ってしまった場合に重大な過失とみなされますので、債務不履行責任として糾弾されることにもなりかねませんから注意が必要です。

お役立ち情報

M&Aで定義されている善管注意義務については、上記民法条項以外にもさまざまな条文として要求されているケースがございます。
その際に委任契約として立会い義務が生じる受任者については、注意義務とは別に委任事務を処理することに対する義務を負わねばならないということになります。
その際に注意義務として危惧される程度問題についてですが、民法上で仮定されているケースとしての注意義務として計上されているよりも遥かに軽度な注意義務として要求案件と定義されるケースがいくつか該当することになっております。
例として中古車店舗との売買契約が成立しており、その後中古車自体の引渡しが終わるまでの間、すなわち購入者への納車義務が生じている場合に注意義務に基づいて車両を保管しなければならないということです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る