財産評価基本通達とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

財産評価基本通達

コンテンツ

M&A(会社売却)の財産評価基本通達とは、相続税や贈与税を計算するときには対象となる財産の評価額を基準にして国税庁が決めています。非上場株式の評価方法も決まっています。

同時会社のグループ内で株を動かしたり合併する際は、財産評価基本通達に準拠した上で評価することが大半で、同じ会社のグループ内での再編成をする際によく使われる評価方法でもあります。しかし画一的な評価方法だということ、納税目的の評価方法の1つにしかならないこともあり、第三者間のM&Aによる評価方法としての採用はほとんどないのが特徴です。

財産の評価については評価単位 財産の価格は評価単位ごとに評価することが決まっていますし、時価の意義として財産の価格は時価によるものとしているといった内容が記載されています。

お役立ち情報

M&Aの財産評価基本通達は時価によるものとなっていますが、この時価は課税時期において、それぞれの財産の現況に応じて不特定多数の当事者の間で自由な取引が実施されているケースで一般的には成立して認められている額です。

その価額はその通達が決めたものにより評価した価額になります。相続財産の取得の場合は相続が開始された時期にさかのぼり効力が得られますので、相続税の評価で相続開始となったその時点での評価です。財産を評価するに当たってはその財産の価額に影響を出すとされる全ての事情が考慮されます。財産評価基本通達は法律ではないのですが、国税の中では法律に近い拘束効果を持っています。通達行政と呼ぶことがあるのはそのためです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る