財務アドバイザーとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

財務アドバイザー

コンテンツ

財務アドバイザーとは簡単にいうと会社売却やM&Aを検討しているクライアントに対してアドバイスを行う人のことです。アドバイスといっても実際には必要な手続きも行いますので、知識や経験が問われます。財務アドバイザーはM&Aなどを行うときにスムーズに問題解決できるように具体的なサポートを行います。条件や交渉の際に的確なアドバイスが必要とされる職業です。そのため、財務アドバイザーにはM&Aに関するプロフェッショナルな知識や実務経験などが必要になります。会社売却や合併、株式交換や入札等、幅広い知識と経験が財務アドバイザーには求められます。クライアントに対して的確なアドバイスを提供することができる専門家です。

お役立ち情報

財務アドバイザーといっても、銀行系のアドバイザーや会計系のアドバイザーなど様々です。銀行系のアドバイザーはM&A取り引きに関するリスク回避が得意という特徴があります。M&Aというのは、Mergers and Acquisitionsの略称で企業の合併買収のことです。会計系のアドバイザーは会計や税務における専門知識や経験を生かしてクライアントにアドバイスが出来るという特徴があり、財務アドバイザーの中でも公認会計士の資格を持っている人も少なくはありません。財務アドバイザーは会社売却やM&Aに関するプロフェッショナルなスキルが求められる職業です。財務アドバイザーは企業の助言役を務められる人材でなければなりません。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る