ヨーロピアンオプションとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

ヨーロピアンオプション

コンテンツ

M&Aのヨーロピアンオプションとは満期日にだけ権利行使可能なオプション取引のことです。オプション取引、これはデリバティブの一種で通貨や株式、金利や債券、コモディティといった原資産について、これから先一定の期間内に一定の数量を、その時点での市場価格に左右されず、最初から決まっている特定の値段で買う権利のことを言います。

東京証券取引所のTOPIXオプション取引や、有価証券オプション取引でヨーロピアンオプションは導入されています。ヨーロピアンオプションに対して権利行使期間の間ならいつでも権利行使をすることができることをアメリカン・オプションといいます。権利行使する時期が自由に設定できるために、ヨーロピアンオプションのほうがオプション価格の値段は安いのが特徴です。

お役立ち情報

オプション取引では特定のM&A取引用語が使われているわけですが、商品の約定価格のことも講師価格と呼び、行使価格はある商品を取引するのにいくらかかるのかを表しています。これはストライクプライスともいわれますしエキササイズプライスと呼ばれることもあります。行使価格と混同されやすい言葉として、オプション価格がありますが、オプション価格はオプションの権利そのものの値段のことを言います。

オプション権利行使の方法は先ほど紹介したヨーロピアンオプションと、アメリカンオプションがありますが、大きな違いは行使期間の最終日に行使ができるヨーロピアンタイプと、行使期間中ならいつでも取引ができるアメリカンタイプの特徴の違いです。

どちらが便利なのか、それはオプションを使う目的によってそれぞれ違います。ヨーロピアンタイプなら決まった日にしか取引ができませんがアメリカンタイプならどこでも指定して取引できるのです。それ以外にもバミューダタイプもあります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る