XBRLとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

XBRL

コンテンツ

XBRLとは、XMLの規格を踏まえて作られた言語になります。規格となるXMLはコンピューター言語の一種にあたり、実際の表記にはフォントサイズなどの校正が行われた状態でテキスト化されるものとして、広く活用されています。XBRLは、このような規格にのっとった言語に該当するもので、財務諸表の記述に用いられているものになります。こうした、コンピューター言語によるデータ化は企業内だけでなく、会計士や投資家といった企業外からも、財務に関する情報のやり取りがスムーズに行うことができます。こうした取り組みは、企業の規模に関わらず勧められたかたちで行われており、財務の状況に応じてはM&A(企業の合併・買収)が行使されることも念頭に置く必要があります。

お役立ち情報

XBRLによる情報の伝達化は、企業内において、会計などの事務処理を簡略化することに貢献されています。また、XBRLによる試みは財務に関する業界を中心に、一般社会へと浸透される状況にあります。例えば、東京証券取引所のTDnetには、上場企業の情報をネット上で閲覧できるシステムとして開発され、電子納税システムとして確立された国税庁によるe-Taxもそれにあてはまります。なお、M&Aの行使に至っては、合併・買収される企業側の財務状況を考慮した上で実現されるものとなります。M&Aと言えば、企業の買収によるイメージが強いように思われますが、株式の持ち合いによる業務提携も含まれるため、XBRLによる情報の開示が一層急がれることになります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る