割引率とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

割引率

コンテンツ

M&Aで会社売却時の割引率についてですが、事業価値を算定する場合に各年度毎の企業内における財政流動経緯としてのキャッシュフローを明確にすると同時に割引計算を適用する場合は複利にて対応することになります。
また該当企業における事業計画は5~6年分程を作成して展開するのが一般的ですが、評価を行う対象となる企業についてはそれ以降のさまざまな事業活動が継続されることを前提条件として評価基準に加える形態を採用しております。
上記内容において評価される対象企業の自己資本および負債の両コストを計算する加重平均に関しては、特定方式の計算方法が用いられており、その計算方法を考慮した上で正式な割引率として用いる手法が取られております。

お役立ち情報

M&Aで会社売却時の割引率における価値をある程度決定づける為の施策について算定方法の選択が対象となる企業の取り扱う業種や業界市場における役割分担と該当する役割、そして各企業で展開している株式の持分を明確に株主に留意していただく内容が必要となっております。
一般的に予想される事業年度としての最終期に計上される利益水準としては、将来展望も含めた長期的な事業計画によって会社売却における価値に左右される内容となりますので、事業計画の作成に考慮しなければならない的確な予想としては割引率を提供することになりますが、不可能に近い状況で目標や希望が入る体制として展開することになります。
割引率の内容についてはM&Aの方向性に展開する形に沿って理論的に算出を行うことになりますが、その際に考慮される割引率自体が買収者の期待数値として反映を要望されている収益率のデータとかけ離れていることが見受けられます。
上記で展開している確率調整については、対応困難なケースが頻出していて他の手法と比較して複雑となっている為、その再計算については猶予期間と経験のある算定人の介入が不可欠となっております。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る