割引キャッシュフロー法とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

割引キャッシュフロー法

コンテンツ

会社売却をM&Aで行なう場合の割引キャッシュフロー法ですが、大まかな意味合いとしての内容は対象となる企業について資産価値も含めた評価として認識される方法となっており、前述された詳細評価を近い将来ではじき出すことが出来る案件について予想価値として計上されるキャッシュフローのこととなっております。
その際に現在の時価として計上されるすべての価値を合計したものについて、企業の総合的な評価額として算出するもっともポピュラーな方法として広く認識されており、DCF法という名称でも展開されております。
上記は収益に対する見通しについて価値として認識されているさまざまな企業としての評価額を計上する上で、広義的な収益の還元法として保有しているM&Aを含めたものが割引キャッシュフロー法の定義となっております。

お役立ち情報

会社売却における割引キャッシュフロー法を行使した場合に展開される会社としての評価をどのように対応して判断材料としているのかが不明確としているのが現状となっています。
そしてこの現状自体はM&Aを視野に入れた投資案件として会社売却を考慮する場合にも非常に重要な判断ポイントとなっております。
通常は会社の価値をトータル的に査定する計算手法の最たるものとして取り上げられている、類似会社比準法で展開している割引キャッシュフロー法について、売却対象となった企業の株価と企業自体の価値を認識させた上で、関連する法律や会社売却における時価としての純資産の価値を紐付ける価額法などが挙げられることになります。
なお、割引キャッシュフロー法で展開される同業他社が対応している株式自体の時価について、総額と利益の両方の比率を計算した上でM&A適用とされる対象企業の価値が計算によって相乗効果を見込むことができる法律となっております。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る