投資事業有限責任組合とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

投資事業有限責任組合

コンテンツ

会社売却やM&Aを行う場合、さまざまな企業についての知識を身につけることが大切です。企業には、株式会社などの会社だけでなく、組合というものも存在します。たとえば、投資事業有限責任組合という組合があります。投資事業有限責任組合というのは、民法で認められている任意組合を登記することによって、一部の組合員を有限責任とする組合のことを言います。

投資事業有限責任組合の場合、組合員数の制限はありません。ただし、無限責任の組合員が最低1人必要とされます。組合員は、個人であるか、法人格を取得していることが条件です。契約関係は、組合員全員の契約とされ、1口あたりの出資金額は、全員が均一です。無限責任組合員については、登記義務があります。

お役立ち情報

会社売却、M&Aを進める際は、会社以外の団体についての理解もしておく必要があります。たとえば、特殊なタイプの組合である、投資事業有限責任組合というものです。一部の組合員が有限責任となっていることで、通常の組合とは異なる取り扱いを受けています。

従来は、民法上の任意組合が活用されていたのですが、これは全ての投資家が無限責任となるため、投資の妨げとなっていました。そこで、投資事業有限責任組合という組合を新たに認め、一部を有限責任としたのです。投資事業有限責任組合を活用する場合は、組合の名称として、投資事業有限責任組合を使用することが義務づけられています。登記をする際は、組合として行う事業について、契約で明らかにしておく必要があります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る