投資ファンドとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

投資ファンド

コンテンツ

投資ファンドは、業績の悪化している企業に対してM&Aによって経営権を握った後に経営改革を行っていきます。経営改革では他の企業で実績のあるCEOなどを新たに採用して、経営の抜本的な刷新を図ることになってきます。新たなCEOの下で、これまでの間違った経営を正して企業の業績をV字回復させるような経営戦略を実行していきます。投資ファンドがM&Aをした企業は、厳しい経営改革の結果として業績がしだいに上向くようになることが多いです。通常はM&Aから3年から5年程度が経過して、企業の業績が上昇軌道に乗ってきた場合に、同じ業界の企業へ会社売却をする運びとなります。会社売却をする時には、M&Aをした企業の価値は何倍以上にもなっているため、投資ファンドとしては大きな利益を手にすることができます。

お役立ち情報

日本では投資ファンドによる企業のM&Aはまだ少ない状況がありますが、アメリカでは多くの案件が実現されています。アメリカのアパレルの会社の中では、企業の業績が低迷していたところを投資ファンドにM&Aをされたケースがあります。投資ファンドでは、アパレル業界の大手で活躍していたCEOを新たに据えることでブランドの再生に取り掛かりました。その後、20代を中心に若者の支持を受けるブランドとして人気が高まり、今では大統領夫人も愛用するブランドとなっています。企業としてのブランドが確立されたことで、投資ファンドでは会社売却の検討に入っています。現在は大手の企業の数社との会社売却の交渉していて、高い買収金額が提示されています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る