土地保有特定会社とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

土地保有特定会社

コンテンツ

M&Aの土地保有特定会社とは課税時期での評価会社の持っているそれぞれの資産を、評価基本通達の基準に従って評価した価格の中に占めている土地などの値段の合計の金額の割合が7割以上の評価会社のことを言います。

また直前期末以前の1年間の取引の額が8000万円未満である会社に限定されます。土地保有特定会社は大会社の場合は割合は7割となっていますが、中会社の場合は9割の割合になります。評価会社が土地保有特定会社かどうかを見極める場合、課税時期前に合理的理由もなしに評価会社の資産構成に動きがあってその動きが土地保有特定会社とわかることを隠すためのものとわかった場合にはその変動がなかったこととして判定をつけます。土地などの保有割合を見極める場合は、法人税額等相当額の控除の不適用が適用されます。

お役立ち情報

M&Aの土地保有特定会社の株式の評価には原則があります。純資産価額方式で計算した1株あたりの純資産価額により出します。しかし土地保有特定会社の株式思っている人と、その関係者が持っている株式の合計の数が、土地保有特定会社の発行後の株式数の半数未満になった場合には、その取得者の株式は、1株当たりの純資産額の8割相当額を評価額として算出します。

土地保有特定会社は取引相場がない株式を評価する際に、特殊な方法で評価をすることになる会社です。この特定会社になると、純資産価額方式によって評価方法が算出されることになるのです。保有している資産の多くが有形固定資産の土地であるという会社がこの会社として該当しやすいでしょう。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る