立会いとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

立会い

コンテンツ

M&A用語における立会いというのは会社が行う実地棚卸の現場に実際に監査人が同棲することを言います。監査人が同席をした上でその実施状況を視察しますし、一部について実際に監査人がカウントを自分自身で行うこともあります。

立会いをすることによって在庫数量が妥当であるかどうかを確かめることになります。会社がM&Aを実行する際は上場企業に限ったことではありませんが、中小企業でもこの情報はトップシークレットで、会社内でも経営者と一部の担当役員やM&A部門を統括している人しか実効超然までは開示されません。しかし少ない人数だけでやらなければいけないさまざまな事務を行うことは大変です。その際立会いをしてもらい手伝ってもらうこともあります。

お役立ち情報

M&Aにおける立会いでは、実行日の当日議事録などに相手の役員の捺印をもらう場合は不備がないか、書類がきちんと整っているかなどを調べるためにM&A決済に中立の立場で立会いを求めて弁護士に依頼することもあります。

M&A取引では思わぬミスが出てきたり、顧問弁護士がドラフトしていたとしても法務書類に詳しくない場合は専門のスタッフが立会いしたほうがスムーズに手続きが終わることがあります。法務担当者のみでM&A実行日まで準備をするのはとても大変なので、フォローと立会いを専門家に依頼して不備がないように整えます。

弁護士、行政書士、司法書士などに相談をすることで法務フォローや指導を依頼することができます。準備としては、社内文書作成、議事録作成、譲渡承認請求書作成などがあります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る