担保掛目とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

担保掛目

コンテンツ

M&Aにおいて使われる担保掛目とは、金融機関等がお金を貸し出す時に、当該貸出の担保物件を評価する際の比率を意味します。
一般的に金融機関等ではローンの債権等を保全するために担保をとる場合がありますが、万が一の場合に備えて、その担保から確実に回収する事が必要です。
そのために、担保評価額の設定は適切にされる事が大切になります。
担保評価額は通常、担保の時価評価額と担保掛目を掛けた値です。
また担保掛目は確実に保全されるか否かを考慮に入れて、例を挙げると預金は100%、上場企業の株式は80%から90%、不動産だと70%から80%等と決められます。
株式での信用取引等の代用有価証券の評価においても、担保掛目は同じ意味として用いられています。

お役立ち情報

資産の時価は、ホテルや娯楽施設等の用途を全く別の物に変えるのが困難である不動産を除くと、大体は周辺の時価や路線価等を考慮して査定されます。
M&Aを行うにあたって、企業が融資を申し込んだ時に、担保に支払う不動産の時価が10億円だとします。
金融機関によって規定が異なりますが、銀行の掛け目が80%だと設定されていれば、担保掛目は8億円となります。
機関が8億円の保全が図られていると判断すれば、融資審査が行われます。
機関から見ると、保全が図られているからといって必ず貸すという事ではありませんが、損する可能性は低くなるうえ、自己査定やBSI基準等の金融機関側の都合と合うために、融資しやすい条件になります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る