ターミナルバリューとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

ターミナルバリュー

コンテンツ

M&A用語のターミナルバリューは、継続価値、最終価値ともいいます。または残存価値と呼ばれることもあります。実務上は予測は明示的に予測期間の5年から10年、それ以降の期間に分けて考えます。予測期間以降の未来のものフリーキャッシュフローの今の価値を合計したものをターミナルバリューといいます。

ターミナルバリューは予測最終事業年度の次の年度の見込みを基本にして継続するのか、または一定の成長率において成長できるのか、どれかの仮定で計算をすることが大半です。

計算式はターミナルバリューを求める場合、予測最終事業年度の翌年の見込みFCF÷割引率で計算する場合と、予測最終事業年度の翌年の見込みFCF÷(割引率-永久成長率)で計算することがあります。

お役立ち情報

企業は継続的に事業活動をしていますが、企業というのは価値を継続価値と清算価値に分けて考えますがさらにターミナルバリューは分類することができます。

さらに継続価値は3つに分けることができます。内在的価値、外在的価値、投資価値、この3つに分類できます。一般的にM&AではDCF法において予測期間を超えたキャッシュフローの割り微意現在価値合計、これをターミナルバリューといいます。

この数値をを求めるプロセスとしては、5年分のFCFの現在価値の合計をまず求め、5年後の企業価値、つまりターミナルバリューを求めます。この5年分の現在価値の合計と5年後の企業価値であるターミナルバリューを足したものが現在の企業価値になります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る