ストックオプション会計とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

ストックオプション会計

コンテンツ

M&Aの手続きに関連して登場する用語に、ストックオプション会計というものがあります。M&Aをスムーズに進めていくには、各種用語について、適切な理解をしておくことが大切です。M&Aに関する知識だけでは、適切なM&Aを行うことはできません。

ストックオプションというのは、企業が、その企業の取締役・監査役・執行役などに対して付与する新株予約権のことを指しています。ストックオプションを付与した際には、通常とは異なる取り扱いが必要になります。合理的な方法に基づいて、費用として計上する金額を決定しなければなりません。この時、損益計算書や貸借対照表への計上に関わる会計処理のことを、ストックオプション会計といいます。

お役立ち情報

近年、M&Aなどの複雑な手続きを進める機会が多くなっています。M&Aに関する知識が必要なことは言うまでもなく、他にも多くの知識を持っていることが重要です。たとえば、ストックオプション会計のような用語についての理解が欠かせません。

企業では、ストックオプションという新株予約権を付与していることがあります。M&Aを進める際は、きちんとストックオプションのことも意識しなければなりません。ストックオプションの権利を行使するまでには、一定の期間が必要になりますが、その間にM&Aが行われた場合などは、会計処理が複雑になるのです。ストックオプション会計の考え方を理解しておくことで、適切にM&Aを行うことができます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る