ストラテジックバイヤーとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

ストラテジックバイヤー

コンテンツ

M&Aは事業の多角化や強化などを目的として、現在広く行われるものとなりました。
このM&Aを行う立場のひとつとして「ストラテジックバイヤー」とよばれる存在があります。
これはM&Aを行う立場の中でも、自社の事業強化や事業拡大といったような、自社の経営戦略に基づく企業買収を推し進める存在とされています。
会社売却が行われている売り手企業を自社にとっての価値という面から判断し、実際に買収を行うべきかどうかということを判断する存在とも言えるでしょう。
このストラテジックバイヤーの場合は買収した企業の経営に加わることで買収された企業を自社に組み込み、事業の成長を目指すというのが通常であり、買収した企業が経営戦略上無価値にならない限り獲得した企業を手放すといったようなことはありません。

お役立ち情報

ストラテジックバイヤーは会社売却に出されている企業の中から、自社の事業にとってシナジー効果の大きい企業を選び、自社の経営戦略に用いることを目的としています。
そのためストラテジックバイヤーがM&Aを行う場合は、その企業が市場でどれほどの価値を持っているかということよりも、その企業が保有する資源や資材といったものに着目して買収を行うこととなります。
ストラテジックバイヤーと同様のM&Aにおける買い手として、ファイナンシャルバイヤーというものも存在してはいますが、このファイナンシャルバイヤーの場合は買収した企業が生み出す経営利益によって投資家に利益を還元するということを目的とするため、ストラテジックバイヤーとは明らかに異なっていると言えます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る