スピンオフとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

スピンオフ

コンテンツ

スピンオフとは、通常派生的じた物、または副産物をさす言葉ですが、同じ言葉であっても様々な分野で特定の意味があります。
ビジネスにおけるスピンオフとは、既存の会社や組織を分離し、企業や組織を別の独立した存在として確立させることを言います。M&Aをして会社売却を行った後、いったん会社を吸収や合併した後に、親会社との資本関係があるケース場合などにおいて、関係が深い別会社とすることをスピンオフと呼び、親会社の関係が薄く、まったくの別会社を設立することをスピンアウトと言うのです。
スピンオフの場合、会社売却を行った後でも売却した側の企業の社員が、引き続き継続して同じ会社で働くことが多いですが、スピンアウトの場合は、完全な別会社になるため、生き残るのが厳しいケースが多いのです。

お役立ち情報

親会社にの株主に対し、子会社の株式を配当として分配するやり方をスピンオフと言います。
分離することになった子会社は、独立上場会社として株式市場に取引されることになります。
親会社は元々の親会社の株式と子会社の株式を両方保有することになるのです。M&Aなどで会社売却を行った場合、所有権が買い手側の会社に全て移ってしまうのに対して、スピンオフは、子会社の上場後もしばらくの間は、親会社が株主として残っている状態のため、事業の再構築を進めるときには有効です。
スピンオフは、親会社の株価が個別の事業価値よりも低い場合、各事業価値を顕在化し、株価を高めるために使用される手法となっています。理由は、投資家に対して各事業ごとの透明性が増すから行うのです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る