水平型とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

水平型

コンテンツ

M&Aは色々な局面において行われ、大企業が中小企業を飲み込むケースや承継問題を解決するケースや互いの利益を確保し競争を無くし安定した販売などを確立するケースなどその方法としても様々なケースがあります。
M&Aは企業の合併などの意味を指しますが、会社売却をする企業の状態がどのようなものかで、その企業の行く末が大きく変わります。
同一企業同士の競争を無くし、競争力ののキーパーソンとしての鍵を握るほどの規模の拡大を図るために行われるものが、水平型M&Aで、最も早くは銀行同士の合併や、店舗数が増えるコンビニエンスストアなどの企業では近年多くみられるもので、株式合併比率がほぼ半々で行われ、両者の名前が企業名に残り持ち株会社(ホールディングス化)となることが多いです。

お役立ち情報

同一企業同士の水平型M&Aとして有名なものはコンビニエンスストアを含める小売業や金融機関、運送物流業などで多く、合併比率が7:3であったり4:6であっても互いの企業規模や合意の下で行われたM&Aであれば水平型M&Aと言えるでしょう。
M&A発表後に不具合が生じM&Aを解消する場合、役員人事や合併後の経営方法で合併比率が少ない方に不利となる場合に、白紙撤回されることもあり、このような事態になればその後の経営でも競争が泥沼化することがあるので慎重にM&Aを進める必要があります。
水平型M&Aは合併比率が低い企業が会社売却という概念が無いため、有効的な合併とされ、企業経営権において自社方針が著しく抑圧されたり、合併後の新会社のネーミングで相手が有利になるようであればご破算となることもあり、ここには両社のプライドが関係していると言われています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る