垂直型とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

垂直型

コンテンツ

会社売却は単なる商品のやりとりではなく、のれんやノウハウ、取引先の信用、従業員の生活まで含めた、総合的な提携といえます。
それらの経営資源を活かすために、できるだけ有利な相手とのM&Aを目指すのは当然です。
垂直型M&Aは、ある商品の製造会社・流通会社・販売会社のように、川上と川下の業種が統合する場合をいいます。
これを川上側から見ると、販路を確保すると同時に、消費者のニーズに即応した商品開発を行なえるメリットがあります。
また川下側から見ると、流通コストを削減することで、価格競争に勝ち抜く体制をつくれます。
このようなシナジー効果が期待できるため、垂直型M&Aは今後とも重要な企業戦略のひとつと考えられています。

お役立ち情報

M&Aは即効性のある経営拡大手段であり、新規事業を一から立ち上げるよりは、よほどコストも時間も節約できます。
しかし、買収・乗っ取りといった側面が強調されると、相乗効果が損なわれることもあります。
たとえば製造部門はスケールメリットが効くのに対して、販売部門は個々の顧客に対応する必要があり、単純な増員では売上増は望めません。
経営手法の食い違う企業同士が、自分のやり方を相手に押しつけようとすれば、上手くいかないばかりか、互いの長所を打ち消しあうことにもなりかねません。
異業種が統合する垂直型M&Aでは、互いの経営ノウハウを尊重しつつ、これらを適切に融合しなければなりません。M&Aを会社売却というよりも、新たな経営ネットワークの構築と捉える視点が重要となるでしょう。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る