相続税評価とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

相続税評価

コンテンツ

相続税の対象となる相続財産には、土地や建物などの不動産や預貯金や有価証券、生命保険、死亡退職金などがあります。そして、それらは、国の定める財産評価基準に沿ってその評価価格が決められます。また、相続財産の評価額が決定した後に、相続税評価が決まります。そして、相続財産の評価や相続税評価は、単独相続する時だけでなく、分割相続する時にも用いられます。そして、分割相続の協議を進めるためには、必要なものでもあります。そして、相続財産の評価や相続税評価が明確なことで、協議も円満に進みます。また、M&Aにおいても、会社の評価額すなわち会社売却額は、重要なものです。そして、会社売却額は、純資産価格と営業権の合計で見積もることができます。また、ここでの営業権とは、年買法で3~5年分の営業利益に相当します。

お役立ち情報

会社が、正当な継承者によって相続された場合、国の基準により算出された相続税評価により、支払う税金も決まります。それに対して、M&Aのように、合併や会社売却した場合、買収された会社は、買収により得た譲渡所得から、支払う税金の額が決まります。そして、どちらの場合でも、国の定めた一定の税率がそれぞれに課せられることになります。また、買収する側は、その対価に対して消費税が課税される場合があるので、対価に消費税分上乗せした金額を支払う必要が生じる場合もあります。そして、そのような場合とは、事業譲渡などを含む課税資産の譲渡の場合です。また、その取引の金額が適正な価格でない場合、寄付金課税が生じることもあります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る