相対方式とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

相対方式

コンテンツ

M&Aは企業買収や合併という意味で、この方法ではM&Aが買収企業と譲渡企業との間でどのようなニュアンスでこれが行なわれるかによって、両社の行く末が大きく変わることがあります。
M&Aには大きく分けて2つのタイプがありその両方ともが、2つの企業が合併することとなるのですが、売上げ拡大のために、獲物を捕ろうとするハゲタカがその獲物を眼中に入れると、それを食うまで狙う、敵対的買収や後継者問題などで企業を守るためなどに歩み寄り行なわれる、友好的買収とがあります。
後で述べた友好的な買収の方法として相対方式という方法があり、この方法では双方が満足のいくM&Aを実現するためにもっとも良い方法として用いられています。

お役立ち情報

M&Aの進行方法として用いられる相対方式は、売却会社に対し買収を希望する企業と条件の擦り合わせをしてゆき、M&A成立後に互いの企業にとって利益が出るように交渉し、売る側と買う側の条件が揃えば売買契約を結ぶというものであり、この場合買う側にとっては販路拡大や新規顧客の構築などの利益を得ることが出来、売る側は後継者問題の解消やM&Aによる事業継続が目的となるため、成功すれば両社にとって大きな利益となります。
2つの企業が1つになることでスリム化を図ることもあり、リストラを伴なう場合がありますが、買収希望企業と1社づつ順に交渉を進めるため、良い相手に恵まれれば、買収される企業にとっても明るい未来があると言えるでしょう。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る