総資産利益率とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

総資産利益率

コンテンツ

企業を評価する指標の一つに総資産利益率があります。総資産利益率は、企業の株主資本および工場などの設備を含めた総資産に対して、どれだけの利益を生み出せているかの割合を示す数字となっています。総資産利益率が高い企業は、限られた資産の中で効率良く利益を出していることになり、経営効率の優れた企業と言えます。そのため、総資産利益率の高い企業というのは、M&Aの対象として妙味があるとみなされることが多いです。また、近年では資本効率の良い企業が、世界の投資家から高い評価を得る流れが出ています。そのため、企業の中では資産を圧縮するために株主配当を増やす動きを強めることで、利益率を上げていく努力をしているところが増えています。

お役立ち情報

日本の電機メーカーでは、世界の電機メーカーに比べて総資産利益率が非常に低くなっている状況があります。これは日本の電機メーカーが、高価な設備や高い人件費を掛けている割に利益が生み出せていないことを示しています。つまり、日本の電機メーカーでは、効率的な経営が行われていないことになってきます。日本の電機メーカーは総合家電メーカーと呼ばれるほどに、多くの種類の商品を製造してきました。その結果として、日本の電機メーカーでは経営効率を犠牲にした企業運営が行われるようになっています。しかし、電機メーカーの多くでは非効率経営を続ける余裕がなくなるところが相次いでいます。電機メーカーの中には台湾メーカーにM&Aをされる寸前まで行ったところが出ています。そのため、生産する商品の選択と集中を迫られています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る