私的再生とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

私的再生

コンテンツ

事業の再生には法的再生と私的再生があります。法的再生は法律的な手段を用いる民事再生や会社更生といった方法を用いるものです。対する私的再生に伴う手続きは、債務関係にある企業間で任意に合意をはかって再生を目指す方法です。ここに事業譲渡や会社分割といった手段や、会社売却を伴うM&Aを用いることもあります。この場合の再生型M&Aと呼ばれています。もちろん法的再生において裁判所が関与しM&Aが選択されるケースもありますが、私的再生では全ての債権者の合意のもとで、債権の放棄といった金融支援を受けることとなります。手続き等が進められている事実は一般的には公表されません。そのため私的再生におけるM&Aの違いはあまり知られていません。

お役立ち情報

私的再生のための手続きは全ての債権者の合意によって進められますが、ある程度の制度の利用や準則はあります。法的な再生手続を行う場合には多数決を原則とし、私的再生の場合には手続きに全ての債権者の同意が得られることを必要とします。そのため会社売却を伴うM&Aを選択するのであれば、公平性と透明性を債権者全てに示し、税務上で利益を得る事業再生ADRや中小企業再生支援協議会支援手続き、地域経済活性化支援機構支援手続きなどの利用を行うケースがあります。またこのような制度や準則を利用せずに、M&Aを行うこともあります。債権者である金融機関が貸付債権をスポンサー企業となる会社に対して額面以下で売却し、このスポンサー企業は手に入れた貸付債権をDESして、実質的な再生対象企業の支配権も手に入れます。これによって再生対象企業は金融支援を受けることとなり、M&Aも同時に行うこととなるのです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る