資産査定とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

資産査定

コンテンツ

M&Aにおいては買収側と売却側どちらの視点から見ても、売買対象となっている企業に適正な価値を決定することが重要となります。
基本的には会社買収を考える側と会社売却を考える側双方がM&Aという案件を進めるのに同意した段階で、買収側は対象企業の様々なデータの分析や確認をはじめることとなります。
この際に行われる企業価値の確認において重要となるのが資産査定です。
これは貸借対照表に計上されている資産が本当に実在するのかどうかということを確認し、どうじに査定を行った日における価値を算定することです。
売却側にとってはM&Aが完了すれば全ての業務は完了となりますが、買収側にとってはその資産を処分するにせよ活用するにせよ、今後の業務に資産の価値が非常に重要に関わってきます。
この資産査定を交渉段階でしっかりと行うということは非常に重要といえます。

お役立ち情報

資産査定においては貸借対照表に計上されている資産の実在性と価値を確認することとなります。
この資産査定は主にデューデリジェンスという段階で行われることとなりますが、ここでは会社売却側の経営陣や従業員へのヒアリングなども同時に行われることがあり、資産を買収側の経営陣が直接目で確認することでその価値を算定するといったこともありえます。
M&Aが成功するかどうかということは、資産査定をはじめとする対象企業の価値の有無に左右されるといっても過言ではありません。
ですが反面、資産査定という面においては非常に専門的な知識が必要となることが多々あるため、昨今のM&Aにおいては買い手側の会社が保有する人員で行うのではなく、M&Aの補佐を専門とする外部業者に査定業務を依頼するということも増えつつあります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る