親族内承継とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

親族内承継

コンテンツ

事業を後継者に承継させる方法として、オーソドックスなスタイルといえるのが親族内承継です。近年は経済活動の低迷などに伴う後継者不足から、M&Aを活用した事業承継を選択する企業も増えているのですが、やはり現代でも日本の企業の多くは、経営者の子息や子女など血縁、親族関係のある者に事業を承継させるという方法を選択しています。特に中小の企業においてはこの方法を用いることがほとんどであり、従業員など親族以外の人物への事業承継や、第三者への会社売却などの方法を選択する企業はまだまだ少数派です。ただし今後は親族が事業承継を望まないケースの増加が見込まれることから、親族内での事業承継が難しくなることが予想されています。

お役立ち情報

事業承継の主流である親族内承継ですが、当然デメリットも存在します。もしそれらについて考慮しておかなければ、最悪の場合、事業の存続すら危機に陥る可能性もでてくるのです。
親族内での承継の場合、自社株式を相続などによりスムーズに後継者に移行できるため、所有と経営の分離を回避しやすいことがメリットです。もちろん従業員や取引先との関係においても、親族が後継者になることは心情的に受け入れやすいものになります。
ただしこれは後継者にその能力が備わっている場合の話です。後継者の能力が不足している場合は有能な従業員の離反を招きかねません。また後継者候補が複数いる場合は内部対立を招く可能性もあります。さらに相続財産の多くが事業用資産である場合は、後継者以外の相続人との間で紛争を招く恐れも否定できません。
これらのトラブルを避けつつ、親族内で確実に事業承継を進めるためには事前の準備が欠かせません。ただ親族が事業の承継を望まないことも想定されますので、その場合に備えてM&Aや会社売却による事業承継も検討しておく必要があります。弁護士や税理士など、外部の専門家に相談して承継計画を立案しておくことも有効な方法です。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る