親族外承継とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

親族外承継

コンテンツ

M&Aで会社売却における親族外承継ですが、一般的には売却者の肉親関係である子供や配偶者、3親等前後の血縁関係者や親族との連携関係で位置づけられている対象者以外が後継者となって承継自体を進めていくことを指しております。
上記言葉自体は親族内承継の反意語として定義されており、M&Aとして会社売却を展開していく上で用いられる用語となっております。
なお、その他の会社役職員全般を含めた内容を加味する場合に、会社関係者への譲渡を展開する方法としてはMBOといい、会社関係者以外に限定された譲渡や売却方法についての定義をM&Aとしております。
前述したMBO自体は買収の対象となっている会社経営陣に対して出資をおこなう形態全般を指して用語でを買収をスムース且つ確実に実施する手法を指します。

お役立ち情報

M&A適用による会社売却を実施していく上で、現在増加傾向が加速している親族外承継を題材とした課題の検討や研究が進められており、長引く不況や新たな税制改革を含めた課題の増加、そして少子高齢化社会化が深刻化している状況において、中小企業における事業承継の課題が重要視されてきております。
そもそも前述した中小企業における経営形態は親族承継が基本であったことに対し、近年の傾向としてそれまで該当していた親族や血縁者そのものが承継に戸惑いと不信任を提唱するケースが増えており、親族外承継が増加傾向となってしまっております。
上記承継には数多くの障害や課題が提起されており、その承継自体の方向性と方法が誤っていると廃業や清算などという不測の事態に陥る危険性が上昇しております。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る