信託型ライツプランとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

信託型ライツプラン

コンテンツ

信託型ライツプランと言うのは、信託を活用したライツプランの事を指します。
信託と言うのは、委託をするものが信頼できる受託者に対して財産などの処分をさせることを言います。
ライツプランの時は必然的に株式が財産になるのでわかりやすいです。
そしてライツプランと言うのは、買収者が実際にM&Aなどによって会社売却をしたときに対して、前もって時価よりも安い価格で株式を購入できる権利を株主に与えておく事を言います。
こうすることによって、買収があったとしても買収したものの持ち株比率を減らすことができますので、会社に対する実質的な支配ができなくなるのです。
ですので、信託型は委託者が受託者にこうしたライツプランを依頼する事を言います。

お役立ち情報

信託型ライツプランは、M&Aに対する事前の防御策として非常に優秀です。
会社売却がなされるときと言うのは、当然会社の株式が特定の投資家によって買い占められているような事態を指します。
これはつまり市場に存在しているその会社の株式の数が減少している事を意味しますので、このような事態を防ぐためには市場に存在する株式の総数を増やせば良いという結論になります。
ライツプランを実行すれば会社の株式の総数が増加しますのでその分株価は下がってしまう傾向にありますが、既存の株主に対しては格安で自社の株式を提供することにもなりますので、買収するものから会社を守ることができると同時に既存の株主の権利を保障する面から見ても非常に優秀な方法だと言えるのです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る