新設合併とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

新設合併

コンテンツ

会社売却、M&Aの手続きによって、企業の合併・買収を図る場合、合併の方法には複数の種類があります。一般的には、吸収合併という形を取りますが、中には新設合併という形を取ることもあるのです。

新設合併というのは、合併する側の会社と、合併される側の会社との双方を消滅させて、新しく会社を立ち上げるものです。新設合併の場合は、現在の会社については、全て解散する必要があります。合併した当時の会社が持っていた権利義務など、法律関係の全てを包括的に新しく立ち上げた会社に承継させます。

一般的に、合併を行う場合、吸収合併に比べて新設合併は、手続きが煩雑になってしまうことが多いため、現実にはあまり行われない方法です。

お役立ち情報

会社売却やM&Aに携わる場合、企業の合併に関する知識を十分に身につけておく必要があります。合併の方法には、吸収合併と新設合併という2つの方法があり、どちらを採用するかを決めなければなりません。

会社売却・M&Aにおける一般的な合併の場合は、吸収合併という形を用いることになります。これは、新設合併の手続きというのは、吸収合併を行う場合と比べて厄介な場面が多いためです。たとえば、合併前の会社で許認可を受けていた場合でも、新設合併を行うことで白紙に戻ってしまい、営業活動を継続するための許認可を改めて取得しなければならなくなります。上場会社の新設合併では、上場するための手続きを、新たに行わなければなりません。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る