シニアローンとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

シニアローン

コンテンツ

M&A用語のシニアローンはシニアファイナンスの一種です。相対的に見て、リスクが高くないローンを意味しています。返済順位がほかの債権と比べると低くて、ハイリスク、ハイリターンの劣後ローンの反対の意味を持つローン、それがシニアローンです。

これまでにもあった通常貸出金のことになります。シニアローンはシニアファイナンスの一種ですがこのシニアファイナンスはほかの債権よりも優先的に弁済される特徴があり、相対的に見てリスクが高くないファイナンス全般をあわせていいます。シニアローンはデッドローンと呼ぶこともありますし、劣後ローンがハイリスクハイリターンであるのとは反対にローリスクローリターンの金融商品ということになります。

お役立ち情報

M&Aのシニアローンはさらに数種類に分かれていることもあります。シニアローンの種類はファシリティとそれぞれを呼ぶこともあります。シニアローンの種類の中のファシリティはタームローン、リボルバーがあって、場合によってはさらにブリッジローンの組み合わせをすることもあります。

タームローンは元利金返済計画が決まっている長期的なローンで買収ファイナンスは借り入れ人は初回1回のみ借り入れ可能のローンです。リボルバーは買収ファイナンスは基本は買収完了後に追加借り入れを禁止質得ますが、営業活動で必要になる運転資金が足りないことは多くあります。運転資金不足を回避するためにリボルバー、つまり運転資金枠を設定しています。

そしてブリッジローンはつなぎ融資のことを言います。買収ファイナンスの返済原資、これは、買収対象会社が生成するキャッシュフローになりますがブリッジローンの返済原資は買収対象会社の手許現預金がこれに該当します。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る