シナジー効果とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

シナジー効果

コンテンツ

大手の企業では自社にないような事業領域で強みのある企業をM&Aすることが多くなっています。会社売却を受けた企業には、これまでの企業にはない技術やノウハウが存在しています。そこで、お互いの技術やノウハウのやり取りを行うことで将来のシナジー効果を生み出すことが期待できるようになってきます。M&Aをした企業の技術は本体会社への応用も可能となったり、逆に本体会社の技術をM&Aした会社へ転用することも可能になってくるからです。その結果として、お互いの会社の企業の活性化に繋がり、シナジー効果が高くなってきます。大手の企業では、M&Aによって企業を傘下に収めるだけでなく、シナジー効果を出す目的を含めて企業買収に踏み切っています。

お役立ち情報

日本のモーターメーカーでは、これまでパソコンなどに使う小型の精密モーターに強みを持っていました。小型の精密モーターの分野ではシェア8割に達しており、中型や大型のモーターに事業領域を広げる必要が出ていました。そこで、日本のモーターメーカーでは海外の有力な中型や大型のモーターメーカーを次々にM&Aしていくことになります。世界の有力なモーターメーカーでは、業績が低迷して会社売却に踏み切るところも多く、M&Aは順調に進んでいきました。日本のモーターメーカーには経営力の高い社長がいるために買収した企業のコストカットなどをして業績を立て直すことになり、日本企業では相手の技術を中大型のモーターに活用することで、シナジー効果を発揮することができています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る