取得請求権付株式とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

取得請求権付株式

コンテンツ

M&A(会社売却)の取得請求権付株式は、株主がその株式会社に対して、自己が持っている株式の取得を求めることができる権利を付された株式のことを言います。

会社は定められたところによって取得牽制球付株式の取得の対価ということで該当する会社の社債、新株予約権やそれ以外の財産を交付することも可能です。企業がこの株式を発行することになった場合には事前に定款で株主が会社に対して請求することができる期間、株式の買取と引き換えにして交付する対価を決めなければいけません。

対価はお金だけ出なく社債なども可能ですがこれら数種類の中から決定すること画できます。会社による買取保証がつくことになりますので、株主は普通株式と日悪すると出資金保護があるのでリスクが低い状態で出資できるのが特徴です。

お役立ち情報

M&A(会社売却)の取得請求権付株式は株主にとってはローリスクで出資できる特徴がありますが株主だけではありません。企業としても数年後に取得請求期間がスタートしますので、すぐに株主から取得請求権行使が行われる心配はありませんので資金調達を安心して行えるメリットがあります。そして事前計画に基づき株式発行できる点でもメリットです。

将来的に制約なしで株主が出資できるので会社の資金調達においては多様化が可能になるメリットもあります。取得条件付株式の転換のケースとしては普通株式を強制的に議決権制限株式に転換する、議決権制限株式を強制的に普通株式に転換するといったパターンがあります。取得の手続きは、取得日、取得株式を取締役会決議で決定可能です。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る