焦土作戦とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

焦土作戦

コンテンツ

M&Aは買収を行う側にとっては自社の価値をより高める手段として、会社売却を行う側にとっては苦境に立たされつつある会社を存続させる手段などとして意義があるものとされています
ですが実際にM&Aが行われる場合、それが好意的なものであるとは限りません。
買い手と売り手が交渉をしないまま、もしくは交渉が決裂しているにもかかわらず買い手側がM&Aを強行する場合、それは敵対的買収とされます。
この敵対的買収から自社を保護する手段としては様々なものが存在していますが、その中の一つとして存在するのが「焦土作戦」です。
この手段においては買収を受けている側が、M&Aが完了するよりも先に自社が保有する優良資産や収益性の高い事業を処分する、もしくはあえて多額の負債を負うことによって市場における自社の企業価値を低下させ、買い手が買収を行う意義を失わせることによって自社を保護を行うこととなります。

お役立ち情報

焦土作戦は会社売却を望んでいないにもかかわらず、既にM&Aが仕掛けられている場合であっても行える対抗策として認識されています。
戦争が行われていた時代、侵入してきた外敵に対して武器や食料を与えることのないように自ら領土を焼き尽くすという軍事戦術が名前の由来となっていますが、これはもろ刃の剣であるということには注意が必要です。
この焦土作戦で自社を保護するにあたっては、自社の資産・事業を処分するにしろ負債を負うにしろ、買収を行う価値が無くなるまで自社の企業価値を下げることが必要となります。
既にM&Aが行われてしまっている場合であっても比較的成功率の高い防衛策であることは確かですが、敵対的買収の危機が去った後は自社を再建しなくてはならないこと、また焦土作戦を実施するにあたって自社の企業価値を低下させるということに関して株主たちの承認を得なくてはならないケースがあるといったことには特に注意が必要です。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る