セラーズバリューとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

セラーズバリュー

コンテンツ

M&Aを行うにあたって必ず必要となるのが、これから買収を受けようとしている企業の価値の判断です。
セラーズバリューとはこの企業の価値というものを売り手から判断したものであるといえます。
保有する資産や資本といったような数値に換算できるような価値から、その企業が持つ歴史や信頼感といった本来であれば数値に換算できないような事柄までを含めて算出される、会社売却を行おうとしている側からみた企業の価値であり、実際のM&A完了時に支払われる金額に大きく関係が出てきます。
対義語となるのが買い手にとっての企業価値であるバイヤーズバリューですが、理論上はこのセラーズバリューがバイヤーズバリューよりも高い状態の場合、売り手は買い手に対し、企業を譲渡するに十分な金額を支払う意思が無いと判断することとなりますので、この場合、理論上ではM&Aは完遂されないと判断することが出来ます。

お役立ち情報

会社売却を行おうとしている側にとっての企業価値であるセラーズバリューと、M&Aによって企業買収を行おうとしている側にとってのバイヤーズバリューは必ずしも一致しません。
特にセラーズバリューの判断は売り手側がもっている会社への思い入れなどによって発生する心理的な要因により、実際の価値よりも高く判断されることが多くなっています。
この傾向は歴史がある企業や、家族的な経営を行ってきた歴史がある企業ほど強く現れますが、こういった理由のため、交渉以前の段階から売り手と買い手が意識する企業価値が一致するといったようなことはほとんどありません。
基本的にM&Aにおいて最終的な企業価値がセラーズバリューのみで決定されるということはほとんど無く、売り手側と買い手側の交渉が重ねられた後に決定されるものとなります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る