サンセット条項とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

サンセット条項

コンテンツ

近年、さまざまな企業で、M&Aをはじめとした買収手続きが進められています。M&Aに関わることになった企業では、適切な手続きが進められているかを判断するために、多くの知識を身につけておかなければなりません。たとえば、サンセット条項という条項に関する理解が必要です。

サンセット条項というのは、買収を防衛する方策や、種類株式などが妥当であるかを判断するために、株主総会などの場で、定期的に見直すようにする仕組みのことを指しています。サンセット条項を定めておくことで、一定期間ごとに株主が判断する機会を持てることになるため、取締役などの経営者が保身のために防衛策を設定したりすることを防止することができます。

お役立ち情報

M&Aのような手続きが、近年、重要な役割を持つようになりました。M&Aの対象となった場合に備えて、買収防衛策などを用意している企業も増えています。しかし、その買収防衛策が常に適切なものになっているとは限りません。

そのため、サンセット条項という条項を設けて、株主が判断する仕組みを作る場合があります。買収防衛策などの対策については、定めておくことに大きな意味があるわけですが、内容が適正なものでなければなりません。取締役が恣意的に定めてよいものではなく、きちんと株主総会などでチェックする仕組みを用意する必要があります。サンセット条項は、買収防衛策が合理的であるかを判断する措置として、挙げられている条項です。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る