先取り二段階オファーとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

先取り二段階オファー

コンテンツ

企業の活動では、1つの企業だけでなく、複数の企業が関わるものがあります。特に、近年ではM&Aなどの合併に関する手続きが増えてきました。M&Aなどの手続きを進めるに当たっては、いろいろな知識が必要になります。M&Aのことだけを理解すればよいという単純なものではないのです。

たとえば、先取り二段階オファーというものが大切です。先取り二段階オファーというのは、買収する側の企業が、買収対象企業の支配権を獲得するために必要な株式に関する買取価格を、支配権獲得後に購入する株式の価格よりも高めに設定しておくテンダー・オファーのことを指しています。テンダー・オファーというのは、株式公開買い付けのことで、頻繁に利用されます。

お役立ち情報

近年、M&Aをはじめとした買収手続きを行う企業が増えてきました。1つの企業での活動については、理解しやすいものですが、複数の企業が関わってくるM&Aなどは、広範囲の知識が必要になります。M&Aについて理解しておく他に、関連する知識を身につけなければなりません。たとえば、先取り二段階オファーというものが重要です。

M&Aなどによって、企業が他社を買収する際は、支配権を得る前の時点と、支配権を得た後の時点との2回、株式を購入することになります。支配権を得る前の段階でのオファー価格を高めに設定する先取り二段階オファーを用いることで、効率的に株主から株式を買い取る手続きを進めていくことを目的としています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る