最終契約とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

最終契約

コンテンツ

M&Aにおける最終契約とは、契約のすべての項目について合意がなされたとみなします。会社売却が合併などの交渉過程においては、その前段階として必ず基本合意にかかる文書が作成されます。その後、細かな調整や譲渡範囲の策定、さらに会社の買い手に対しては独占交渉権が付与されます。この過程を経て契約内容の確認を行い、採風的に契約に至ります。M&Aには合併や買収等様々な手法が存在します。そのため、M&Aの手法によって最終契約の形態が異なるのが実情です。ただ、一般的に最終契約とは、株式譲渡契約書が双方の会社でかわされたことで最終契約とする見方が強いです。秘密保持契約については基本合意の段階で行われるのが一般的です。

お役立ち情報

基本合意を得て、さらに細かい部分の詰めを行った結果、最終的に双方の起業でかわされるのが最終契約書です。最終契約書については、以下の内容が含まれています。もっとも重要なのが売買の条件、価格、そして対象物に関する契約事項です。最終契約書は、M&Aによる起業の売却の過程において何らかのトラブルが発生した場合、基本に立ち返る重要な文書となります。そのため、この最終契約書に記載されている事柄が全てとなるため、一つ一つ細かい交渉が行われた上で文書作成を行います。その文言についても、会社売却を行う側と買収側とで細かな詰めの作業を行います。この文書においては善管注意義務という売り手を拘束する条項が明記されています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る