債務超過とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

債務超過

コンテンツ

会社の経営状況を示す言葉は結構あり、そのほとんどがM&Aにも記載されています。そもそも、債務超過とは、債務の合計が資産の合計よりも高い状況を指します。つまり、この際に資産全額売却しても、債務を完全には履行できませんので、会社自体を売却する必要が出てくることになり、会社売却に追い込まれる原因の1つとして位置づけられています。そもそも、最初から債務超過になるくらいの債務を負うことはほとんどなく、債務の返済計画を見通した事業を計画していたものの、それがうまくいかなかったり、不可抗力によって妨害されてしまったりして、正常な経営が困難になったり、得意先を失ったりした時に返済のめどが立たずに、そのまま負債だけが溜まってしまう場合が多いです。

お役立ち情報

M&Aでも説明されている用語として債務超過がありますが、会社にとっては債務超過の状態は非常に危うい立場にあることを意味します。場合によっては会社売却も視野にいれる必要のある重大な状況です。基本的には、債務超過の企業が、新たな金融機関から融資を受けることはかなり困難になります。銀行などでは、審査基準を満たせない場合が多く、新たな事業を組んで逆転を狙う戦略も取れなくなります。ただし、バランスシート上で、オフバランスを悪用することで、企業側にとって不利益な負債を書面上だけでも消滅させることで、新たな融資を得ようとする企業もあります。オフバランスは、公的に認められた計上方法ではないので、調査によってオフバランスが発覚した場合には、不良措置が取られる場合もあります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る