再調達原価法とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

再調達原価法

コンテンツ

M&Aにおける再調達原価法とは、建物の再調達原価を定めた法律です。再調達原価というのは、不動産を対象に、価格時点にいて、再調達をすることを視野に入れて必要となる適正原価の総額のことを示しています。建設資材や工法が変わることで対象となる不動産の再調達原価を計算することが難しい場合には、対象となる不動産と同じ有用性があるものに置き換え、そして計算した原価が再調達原価ということになります。

再調達原価の計算方法ですが、再調達原価は建設請負によって請負人が発注者にすぐに使用可能な状態で渡すことを一般的には想定しており、発注人が請負人に対して支払う基本の建設費用に、調節負担するべき一般的な付帯費用を加えて計算します。

お役立ち情報

M&Aの再調達原価法は二つの方法があり、直接法と間接法があります。直接法は、対象となる不動産に対して直接原価を計算する方法です。それに対して間接法、こちらは、近隣の地域や同じ需給圏内の似ている地域にある対象不動産と似ている不動産や代替となる競争不動産から、間接的に対象となる不動産の再調達原価を求める方法のことを言います。

間接法の場合は該当する類似の不動産の素地、値段、実際の構造や建設をするのに必要な直接工事費や間接工事費、請負人の適正な利益なども合計して、一般管理費、発注者が直接負担した付帯費用なそれにかかった費用などを明確に把握できなければいけません。

新評価額は3年間同じ額となります。建物の再調達原価は、固定資産評価とよく比べられる対象となります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る