類似取引比準法とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

類似取引比準法

コンテンツ

類似取引比準法は、類似取引の中で公表されている取引の値段と、会社売却の対象になる企業の財務数値を照らし合わせ、それぞれの倍率を計算して、該当する倍率を使って評価の対象になる会社の評価を行う方法のことをいいます。M&A取引でこれまでにおきたよく似たM&A取引での取引価格は発表されていて、なおかつ買収される会社が上場企業で、財務の数値がわかっている場合に行われる方法です。

類似取引比準法に似たものとして類似公開企業比準法がありますが、これは同じマーケットに対してのアプローチとなりますが別々の基準で評価対象となる会社の株価が計算されるのが特徴です。類似取引比準法はコントロール・プレミアムという一定の理論の有意性もありますが、照らし合わせる情報が少ないことから、株式を評価する際の報告書などではあまり導入されない方法でもあります。

お役立ち情報

会社売却のM&A取引における類似取引比準法と類似公開企業比準法の違いを紹介します。倍率の算定方法がまず違います。類似取引比準法は、類似取引の取引価格を基本にして倍率を算定します。それに対して類似公開企業比準法は、類似公開企業の株式市場の取引の価格を基本に倍率が決まります。

コントロール・プレミアムも違います。類似取引比準法は、買収を前提とするM&A取引のケースでは、コントロール・プレミアムは含まれていますが、類似公開企業比準法では、市場株式は少数の株主が売買することを前提にしているので、コントロール・プレミアムは含まれない値段設定です。そして参照するデータも違いがあり、日本では、欧米と比べるとM&Aの取引の情報が整っていないことから類似取引比準法では取引の件数は少ないので倍率が適切と這い得ないこともあります。類似公開企業比準法においては、類似公開企業として選ばれる数は多いので、倍率は比較的適切といってもいいでしょう。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る