ロナルド・ペレルマンとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

ロナルド・ペレルマン

コンテンツ

ロナルド・ペレルマンは、最も有名なアメリカの実業家の一人です。大型のM&Aを多数手がけています。敵対的なM&Aでアメリカ経済が荒れたのは1980年代にことです。それ以降、米国においてはM&Aの攻防が繰り広げられることとなります。この時期にロナルド・ペレルマンも有名となりました。日本において外国企業によるM&Aが比較的用意になるのは、2006年の改正商法の施行に依るものですが、それ以前にもニッポン放送をめぐるライブドアとフジテレビの対決によって、国内企業同士の敵対的M&Aが明るみに出ました。この時に小糸製作所株式会社がT・ブーン・ピケンズ氏らのグリーンメールによる攻撃を退けた経験が生かされることとなりましたが、ピケンズ氏側にロナルド・ペレルマンもいました。

お役立ち情報

ロナルド・ペレルマンは、後にレブロン基準と呼ばれるようになる判決を勝ち取った人物としても知られています。ロナルド・ペレルマンは化粧品メーカーレブロンへM&Aを仕掛けました。これに対抗してレブロンの取締役会はホワイトナイトを見つけ出し、ペレルマン側の提示した金額を下回る金額にて買収を依頼しました。レブロン側は敵対的M&Aへの対抗策に有効とされるポイズンピルを同時に導入しました。しかしこれをペレルマン側は法廷闘争に持ち込みます。最高裁に於いてペレルマン側の勝利で終わります。売却を決めた時点で取締役会は会社の守りではなく競売へと義務がシフトするという理由による勝訴です。ようするに売ると決めたならば、高い金額を提示する相手に対して売るのが義務だというものです。高い金額を提示したペレルマン側に売却せず、下回る金額を提示しているホワイトナイトへの馬脚を不当と退けた判決です。これが「レブロン基準」と呼べれるものとなりました。「レブロン義務」と言われることもあります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る