リスクフリーレートとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

リスクフリーレート

コンテンツ

金融商品を選択する際には、儲けはあればあるほど良いもののリスクがそこに伴えば、その商品を選択しづらい傾向があり、そのためにリスクフリーレートの金融商品の購入が多くなっています。M&Aにも掲載されている言葉ですが、リスクフリーレートとは、投資の際に元金を失うリスクが0%、あるいは限りなく0%に近い状態のことを指し、この場合には安心して投資ができることから、一般的にはこの商品が人気が高くなっています。そもそも、投資とはリスクを冒しながらも巨額の利益を得る一発勝負的な感覚が以前まではありましたが、現在ではできる限りリスクを減らした上で、利益の大きさはそれほど重視しない客が多く、その人気は主に、国債や短期預金などに集中しています。

お役立ち情報

M&Aでは様々な経済専門用語が扱われていますが、その中にリスクフリーレートがあります。一般的には、金融商品のリスクの中でも最も安全である状態を指す言葉なのですが、実際にリスクフリーレート商品が消費者にとって有益かどうかは別問題です。リスクが限りなく低い分だけ利益も限りなく低いものにとどまります。長い年月をかけたとしても、元金から0.1%程度の利益しか得られないこともしばしばです。しかし、リスクプレミアムを考慮するとより賢明な金融商品を吟味することができます。一般的にリスクを回避する傾向があるのであれば、本来リスクが発生しやすいところに敵対者がいないために、リスクは減衰します。しかし、得られる利益はそのままなので、リスクに対する配当が極端に高くなり、結果的にはリスクフリーレートと同程度のリスクで大金を手にすることもできます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る