リスケとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

リスケ

コンテンツ

リスケとは、会社の資金調達や支払の期日、あるいは債権処理のスケジュールなどを当初設定した日程から見直し、再度調整し決定することを言います。会社の多くは綿密に計算されたキャッシュフローで成り立っており、そのスケジュールが崩れると不渡りを出したり、取引先への支払いや従業員の給与、株主の配当に影響するため、事前に資金計画を綿密に行う必要があります。M&Aや会社売却においては、その資金の受け渡し期日が重要な意味を持ち、その資金繰りにより今後の企業活動に大きく影響することから、その日程には細心の注意を払い綿密に計画することと、状況に応じ変更することで最良の条件を引き出すことが必要です。しかし、相手の都合もあり必ずしも変更できない場合も多々あるため、当初から十分なリスクを考慮した計画を立てることが肝要です。

お役立ち情報

会社売却やM&Aにおいて、リスケは基本的には避けるべきです。M&Aや会社売却の場合、その資金の充当先は決定している場合が多く、リスケを行った場合は単にスケジュールだけでなく、その後の充当先の影響が大きいため、すべての計画が見直される必要が出ることも少なくありません。また、リスケを繰り返す企業は経営計画が不健全な印象を受け、相手先に悪い印象を与えるばかりか、金融機関からも信用を失う危険もあり、企業活動を危機に陥れる危険もはらんでいます。
M&Aや会社売却を行う場合には、金融機関を含め相手先との十分な話し合いを行い、綿密な資金計画とリスクを考慮したスケジュールを立てて、リスケを行うことの無いようにすることが必要です。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る