レップアンドワランティーとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

レップアンドワランティー

コンテンツ

レップアンドワランティーにおいては、M&A施策によって該当企業を譲渡する場合の貸借対照表上での損失を引当てる際の計上全般の内容を指す言葉となっております。
この展開されていない偶発的な債務として定義されている対象としては、不確定な損失金額自体を合理的な見地の上で見積ることができない案件を保全するという目的を有しております。
その際に譲渡を目的としている企業が会社売却を展開しようとしている場合に追加債務の該当案件が存在していないことを保証する事案として定義されております。
なお、上記事案の定義に基づいて実施されるさまざまな内容を指してレップアンドワランティーと定義していることが一般的となっております。

お役立ち情報

レップアンドワランティーは表明保証と同義として広く認識されておりますが、ある行動実施者における行為自体の結果について、その責任自体に於ける法律上で負わねばならないか負わないで済むべきかを決定させる正当な注意義務のことを指しており、転じて会社売却による投資案件やM&A定義による取引全般で実施される資産調査の活動を通じて判明した事実に基づいて売り手が保証する内容となっております。
ここで伝達している言明や保証について用いられる言葉となっており、しばしば展開している陳述書自体もこの定義として展開しております。
なお上記で得られることのなかった追加情報をも保有することができて、レップアンドワランティーとして表明されたり保証された事実について虚偽があった際に、損害賠償を支払う対象として展開することとなりM&A全般における取消原因として認識される場合も存在しているということになります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る