劣後ローンとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

劣後ローン

コンテンツ

劣後ローンの「劣後」とは、「優先」の対義語として用いられます。これは他の金融機関から借入を行っている債権と公平な扱いを受けないケースもあり得ることを意味しています。会社が解散や経営破綻に陥った場合に、支払の優先順位が低い債権であり、無担保です。通常の債権の支払いが行われた後に、もし資産が残っているのであれば、その時点で分配されます。このようなリスクから金利は高めに設けられています。このような性質から、自己資金の一部と判断されます。金融庁の資金繰りが悪化した中小企業支援のために、現在の貸出金を資本性をもつ劣後ローンに転換できるデッド・デット・スワップ(DDS)の手法を整えるとしています。DDSはM&Aにおける事業改善計画の策定時にも用いられます。

お役立ち情報

現在の貸出金を劣後ローンに転換ができるDDSの手法は、M&Aに必要な事業改革計画策定時に用いられる手法です。債権を株式に転換するデッド・エクイティ・スワップと、債務を抱える側の企業にとって借入金であるという点ではかわりがありません。しかし劣後ローンは支払いを後回しにできるということから、返済期限に猶予が持てます。その間にM&Aの事業計画などを作り、事業再生に向けて動けるという利点があります。また他の金融機関からみると、その会社の自己資本と判断できるものですので、企業財務でいうこところの「資金源」となるのです。まだまだ劣後ローンへの転換について金融機関は消極的ではありますが、金融庁のDDSへの基本的な方針の見直しなどが行われれば、金融機関もスピーディーな対応が求められることとなるでしょう。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る