連結とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

連結

コンテンツ

子会社とは、親会社によって意思決定が行われる会社のことを指します。例えば、株式会社の場合には子会社の株式を保有していれば、その支配権を親会社が持つことになります。実質的に親会社が支配している場合には、会計上の処理も親会社に組み入れるのが妥当だと考えられます。このようにして、親会社の財務諸表に組み入れたものを連結財務諸表と呼びます。
連結子会社は、言ってみれば親会社に支配されているものだと言えるでしょう。ただし例外があって、支配が一時的なものは除かれます。M&Aや会社売却によって、一時的に投資をすると言った場合には連結子会社として扱われることはありません。また、連結によってステークスホルダーの判断を誤らせる恐れがある場合にも対象外となります。

お役立ち情報

連結子会社とは、簡単に言えばずっと子会社であり続けるような子会社を指します。子会社ですから完全に別の会社なのですが、親会社に完全に支配されていて、そしてそれがずっと続くのであれば親会社の財務諸表に組み込んだ方が分かりやすいでしょう。連結子会社に変化があると、連結財務諸表が大きく変わってしまうことになります。これによって経年的な業績の変化がわかりにくくなることもあり得ることでしょう。そうならないようにするために、支配が一時的なものは除外することになっています。例えば、いずれは会社売却をする目的でM&Aを行った場合、それぞれのタイミングで大きな変化が起こることになりますから、連結子会社としない方がメリットは大きく、そのために除外して扱う事になるのです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る