ライツプランとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

ライツプラン

コンテンツ

現代の経済において、M&Aという手段は非常に重要なものとなっています。
企業の後継者不在や業績の悪化といったような事態が発生した場合、会社売却をして自社を買い取ってもらうことで企業を存続させるなどの手段も一般的に見られますが、M&Aは時として、互いの利害が一致していないにも関わらず買収が行われる「敵対的買収」が発生する場合があります。
ライツプランとはこの敵対的買収から自社を保護するために用いられる防衛策であり、既存株主に対して普通株式を取得できる新株予約権などの権利を付与することで、敵対的買収が行われた際、自社が相手企業に買収されないようにするものです。
上場している株式会社などは常にこうした敵対的買収を受けるリスクが存在しているため、こうした防衛策は非常に重要なものとされています。

お役立ち情報

ライツプランは会社売却を考えていないも関わらずM&Aを受けるという「敵対的買収」の事態に陥ったとき、自社を保護する役割を持ちます。
このライツプランは、その内容によって「信託型」と「事前警告型」の二種に分類できます。
信託型は新株予約権を信託銀行が預かり、実際に敵対的買収が仕掛けられたときに防衛策として発動するものです。
またライツプラン信託とも呼ばれるこの手法は、現在信託銀行などが金融商品として取り扱う動きが存在しています。
対して事前警告型の場合、実際に敵対的買収が行われるより先に、自社は防衛策を講じていると開示し、事前警告を行うものです。
敵対的買収が行われようとした場合には、この事前警告に基づいて「敵対的買収者は行使できない」という制限を設けた上で、既存株主に新株予約権を無償で割り当てることとなります。
結果として市場に存在する株式が増加するため、敵対的買収者の株式保有率は低下し、買収は困難となるのです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る