Qレシオとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

Qレシオ

コンテンツ

M&A用語のQレシオというのは1990年代のバブル相場の時代に、大学の教授が考えた指標のことです。Qレシオは、時価を基準にして割安感を計算している指標です。例を挙げると、これまでに1000万円の土地を購入し、今の値段が2000万円になった場合に、PERの計算をする際には1000万円を使いますがこの指標での計算では2000万円のほうを使って計算します。

1990年代前後のバブルの時代に株価はかなり高騰しましたが、その裏づけとしてQレシオが誕生しました。PERでは割高ですが、土地、建物といった不動産も値上がりしたのでQレシオを基準にすれば割安感があると考えられるのです。バブル崩壊により土地や建物など不動産の値段が値下がったのでそれ以後はこの指標は役には立たなくなり活躍の場はかなり狭まりました。

お役立ち情報

バブル時期と一緒に歩んだ指数でQレシオはバブルと一緒にはじけたといっても過言ではありませんが、一度廃れはしたものの005年に阪神電気鉄道の含み資産に着眼した村上ファンド、そして阪神側の一連の攻防劇において、再度Qレシオは注目されるようになりました。

M&A取引におけるQレシオは、時価を基にして計算をしていますので、PERよりも数字としては優秀ではありますが、事実、会社が所有している資産が今どれくらいの時価なのかということをこれを使って調べることは複雑で、Qレシオが一般投資家の投資指標に役立てられることはほとんどありません。

この指標の計算式は株価÷1株あたりで計算できます。この1株あたりには純資産と含み資産がふくまれます。これらを加えて時価で計算する指標です。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る